So-net無料ブログ作成
検索選択

雑誌cobalt到着 [本]






かつくらのインタビューと違って異人館画廊の続編が冬発売になってる(゚д゚)!
これは思い出の続編の方が早く発売になるのかな…

マリアさまがみてる今野緒雪さんも新作が冬に発売主人公が三姉妹だそうで
異人館と並べて書いてあったので同時発売かな?

次の号にヴィクロテの青木さんの新作が掲載されるとありました
ヴィクトリアものらしいので楽しみなんですが、探偵もの二つとも
続編でないのかな、ベリーカルテットは未収録あるんですが…
あとヴィクロテの未収録も収録してくださいorz
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

かつくら買いました(^^)/ [本]


かつくら vol.11 2014夏

かつくら vol.11 2014夏




谷瑞恵さんの特集があるということで購入

思い出のとき修理しますと異人館画廊についてかなり詳しくインタビューされてます

伯爵と妖精ファンとしてはほとんど言及がなかったのが
…いえ伯妖新刊もうないんですかとか、双子の名前とかorz

とはいえ谷さんのファンなら読んで損はないと思います
でも個人的には最近ファンになった人の為にデビュー作からの過去の作品の紹介もして欲しかった
基本二作品のインタビューなのでそのあたりの記事がないのが残念です

最後にインタビューで 思い出のとき修理しますの3は年内に異人館画廊は秋にそれぞれ
出版される予定とのこと楽しみです




異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女  (コバルト文庫)

異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女  (コバルト文庫)

  • 作者: 谷 瑞恵
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/02/25
  • メディア: 文庫




思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車 (集英社文庫)

思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車 (集英社文庫)

  • 作者: 谷 瑞恵
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/09/20
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

谷瑞恵さんの特集 [本]


かつくら vol.11 2014夏

かつくら vol.11 2014夏






ツイッターでつぶやいてましたが、本予約したのにインタビューと勘違いしてました(^^;)

かつくら2014年夏号で谷瑞恵さんの特集記事が掲載されます
ということで久しぶりに購入決定☆

表紙に思い出のとき修理します、異人館画廊
初の一般向け小説話題にとありますから

伯爵と妖精等の少女向けはあまり触れられないような予感
完結のときも伯妖特集記事なかったんだよね、かつくら…


思い出のとき修理しますは今年は1.2ともナツイチの選ばれたり
本当にうれてますから仕方ないんですけど


個人的にはそろそろ新刊情報が欲しいですね
伯爵と妖精が3,4ヶ月に一度でていたときと違ってなかなか新刊でないですねorz









思い出のとき修理します (集英社文庫)

思い出のとき修理します (集英社文庫)

  • 作者: 谷 瑞恵
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/09/20
  • メディア: 文庫



異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女  (コバルト文庫)

異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女  (コバルト文庫)

  • 作者: 谷 瑞恵
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/02/25
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

雑誌cobalt届きました [伯爵と妖精]






今回の雑誌はミラージュ舞台のキャストのみなさん紹介
読み切り小説はライトミステリー
付録は紫陽花茶房店と平安ホラーの白銀の蝶


ミラージュキャストに富田翔さんとか笠原紳司さんがいるんですね、アバレブルーとタイムファイアーだと
思ってしまった私は(^^:)
紫陽花茶房大好きなんで、25日発売の文庫も楽しみです

それより今回特集はライトミステリーということで
所謂姫嫁みたいなのはありませんでした
最近ではめずらしいような…


でも今回また定期購読継続したのは目的は当然 伯爵と妖精のおまけペーパーなわけでして…

お話の時系列は短編集の小さな伯爵の冒険の後の話でした

ちょっとしたネタバレは続きからどうぞ

続きです


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

異人館画廊が4刷(゚д゚)! [本]

ちょっと前にコバルト公式ツイッターで



もう4刷目ですか早いですね、やっぱり一般小説思い出のとき修理します
が売れたからですね、一般で知名度上がるとすごいですね

でも谷瑞恵さんのファンタジーが好きなので微妙な気持ち
夜想や魔女の結婚や伯爵と妖精みたいなファンタジーはしばらく無理かな…


話はかわりますが、もうすぐメイ・デイ恋よりもおだやかに見つめて
を読み返す時期ですよね
あらためて読み返すと妊娠してるのに、船から落ちる引きずられる等
妊娠してるのにと思わずにはいられません(^^;)
無事出産の結果がわかってるとはいえ、読み返すと別の意味ではらはらします
でも考えてみると記憶が戻ったエドガーがこの船に乗り合わせたダスティン卿に社交界で
嫌がらせしていてもおかしくないような…公爵になってるしそもそもリディアを突き飛ばしてるし(^^;)










伯爵と妖精 恋よりもおだやかに見つめて (伯爵と妖精シリーズ) (コバルト文庫)

伯爵と妖精 恋よりもおだやかに見つめて (伯爵と妖精シリーズ) (コバルト文庫)

  • 作者: 谷 瑞恵
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/12/27
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コバルト定期購読申し込みました☆ [伯爵と妖精]

申し込んだのはちょっと前なんですけど


http://www.shueisha.co.jp/CGI/teiki/kodoku_back.cgi/kodoku/cobart.html?key=detail&zashimei=cobart

↑のサイトに書いてある通り7月号の特典は伯爵と妖精の書き下ろしです
伯爵と妖精の完結後の話が例え少しのページでも読めるとあればもう買うしか
でも6000円もかかりますけどね(^^;)

今回からセブンネットのサイトでも定期購読特典付で受け付けてます
はっきりいってこっちの方が安いです、でも早く読みたいので
集英社のサイトに申し込みました(^^;)
でも安く買いたい場合はセブンのサイトがおすすめです
セブンネットの申し込みは発売前月9日までと書いてあるから伯爵と妖精まだ間に合うのかな?



COBALT (定期購読)


谷瑞恵さんは異人館画廊が売れてるので、伯爵と妖精のおまけがいつまでつくのか…
伯爵と妖精画集とか出して欲しかったんですが、集英社は一般で売っていきたいみたいですから
無理かな…。
もしかしてこれが伯爵と妖精最後の小説とか悲しい可能性とか考えてしまいますorz

せめて双子の名前が知りたいです…


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

イギリスでオーロラ [伯爵と妖精]

イギリス各地でオーロラが観測できたというニュースが流れてました

伯爵と妖精ファン的にはフィルチリースです(^^;)


それでなくてもオーロラを一度生で見たい人間なので大好きな国で観測のニュースで大騒ぎ的に
検索しまくってます(^^;)

伯爵と妖精ファンとしてはヘブリディーズのスカイ島のオーロラ写真をツイッターで
みかけて大喜びしてました







ネイバーにオーロラツイートをまとめたのがありましたので
こちらも紹介本当に綺麗です
http://matome.naver.jp/odai/2139355668782055501?page=3

オーロラ一度でいいから見てみたいですね

追記

カラニッシュ遺跡のオーロラ写真をみつけました
この場所は伯妖の聖地のモデルになったと思われる場所です





異人館画廊が発売されました(*^_^*) [本]






谷瑞恵さんの新刊がついにでました

コバルト公式サイトの作品紹介はこちらから

http://cobalt.shueisha.co.jp/news/mystery/

ネタバレ感想は続きからですが始めに手にとった感想

集英社文庫?
中の冊子も集英社文庫のみ
書店によっては置いてあるのは集英社文庫の新刊コーナー
カラーピンナップはありますが、挿絵ありません
帯に大きく思い出のとき
書籍のカバー折り返し所謂チリ部分、作者の本を紹介してある場所に異人館しか書かれてない
帯と作者紹介には伯爵と妖精が書いてありますが…
新レーベルをつくるテストケースもしくはレーベル内レーベルにするつもりの可能性
高そうだと感じました

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

谷瑞恵さんの新刊情報きてる [本]

コバルトのツイッターに谷瑞恵さんの新刊異人館画廊のオビ付画像がきてました





オビ表紙デザイン含めて集英社文庫の思い出のとき修理しますシリーズに
近い感じになってますね






雑誌コバルトは定期購読しているのでもうすでに読んでますが(^^;)
やっぱり一般よりかなという感じです。
すごく楽しみなんですが、きらきらした少女小説も読みたい気持ちもあるので
複雑です。
宣伝文句も伯爵と妖精のではなく思い出の~というのも1冊ベースで売れたのは思い出の
方なので仕方ないんですが…ちょっと複雑なファン心理です

伯爵と妖精といえばコバルト定期購読のおまけペーパーにまた伯爵と妖精がありました
完結後の話だそうですので、文庫未収録ということで当然申し込みます。
伯爵と妖精番外編の文庫も年1冊でいいから出して欲しいです


異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女 (コバルト文庫)

異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女 (コバルト文庫)

  • 作者: 谷 瑞恵
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/02/25
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

新刊買いました [伯爵と妖精]





ということでネタバレな感想は続きを読むに書きました

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。